阪神調剤薬局 recruitment
キャリア採用(recruitment)新卒採用ごあいさつ阪神調剤薬局の魅力教育・研修先輩社員インタビュー新卒採用薬剤師募集店舗一覧 医療事務募集店舗一覧
先輩社員インタビュー 佐藤 茂樹

大学卒業後は漠然と病院で薬剤師として働こうと就職しました。しかし、『もっと多くの患者さまと接したい』『薬局経営に携わりたい』という想いが強くなり、患者さまや地域と密着した調剤薬局への転職を決意しました。なかでも阪神調剤薬局は店舗数が多く、いろいろな経験ができます。なにより患者さま目線であることに共感をおぼえました。
現在は、現場での調剤業務や店長として円滑な店舗運営に向け、仕事の流れや動線の改善・利益確保に努めています。また、ブロック長も兼務し、管轄する第一ブロックをマネージメントしています。大変ですが、若くまだまだ経験が不十分な私に任せてもらえるのはやりがいがあり、経営にも携われるので勉強になります。調剤薬局の仕事は、患者さまの気持ちや痛みを知り、薬を通じて医療を提供すること。そのためにはコミュニケーションが第一です。店舗運営も同じで、人間関係の良い店は雰囲気が良く、お互いにフォローしあっていれば円滑に店がまわります。また、知識の共有や勉強会を開くなど向上心も高く、そういったモチベーションがすべての物事をプラスにします。働きやすい環境を作り、モチベーションを高めるのが私の役目。常に相手の話を聞き、相手の立場に立って物事を考えられる人間になりたいと思います。

石田 竜也

店舗の運営は店長次第。ですから、教育や運営については、店長が店をどうしたいのかを聞き、指導やフォローをして、店舗がきちんとまわっているかをチェックする…それが私の仕事です。その際に気をつけているのは、私から一方的に指示するのでは店長の想いを生かすことはできないということ。互いのバランスをとることが必要です。ブロック長になりたての頃は、ストレートに意見を言って自分の考えを押し付け、ぶつかることがありました。しかし、今は相手のことを思えるようになり、このやり方が良いのでは?と思う場合は、相手が自分で気づけるように違う視点を持たせるようにしています。
病院勤務のときは薬剤師の専門性が発揮できないことが歯がゆかったのですが、今は患者さまと近い立場にあり、医師に聞けないことを相談されるなど存在意義を感じることができます。どんなかたちであれ、いろいろな人から頼られる存在であることが目標で、そのために門を広く開け、何でもやれることをやっていきたい。まだまだクリアしなければいけないハードルはありますが、薬剤師が医療行為を行えるアメリカのように日本で看護師の資格を持つ薬剤師が出てきたら、いろいろなことができるかもしれません。
自由な意見を受け入れてくれる会社ですから、私もその雰囲気を店舗につくってあげなければと思います。

道上 敬

東大阪・奈良エリアにある店舗の効率的な運営のサポートやスタッフのモチベーションを高めるのが主な仕事です。最近は調剤報酬の改定にともなう医療施設としての機能、あるいは薬剤師の職能を評価して付けられたものであるインテリジェンスフィーへの対応が現場で混乱を招くことがあり、統括マネージャー会議で「どのように患者さまに対応した場合に算定できるか」など、加算算定の解釈にある程度のラインを決めて各エリアに伝えることが重要な仕事になっています。患者さまにどんな価値を提供できたかで技術料をいただくことは、薬剤師の役割の評価や地位向上にもつながります。
もともと薬局経営が夢で、チャンスがあったものの、活かしきれず、もう一つの夢だった人材を育成する研修制度に関わりたいと考えていたときに出会ったのが阪神調剤薬局でした。実際に研修制度については会社に提案してかたちにすることができ、従業員のモチベーションアップを支えることもでき、やりがいを感じています。これからの調剤薬局は患者さまだけでなく、未病の方の健康維持や病気予防にも力を注ぐことが求められます。そこから薬剤師の新しい仕事を創出することもできると考えています。阪神調剤薬局が発信した薬剤師像が世の中に認められること、それが私の最終目標です。