阪神調剤薬局 recruitment
キャリア採用(recruitment)新卒採用ごあいさつ阪神調剤薬局の魅力教育・研修先輩社員インタビュー新卒採用薬剤師募集店舗一覧 医療事務募集店舗一覧
ごあいさつgreeting

阪神調剤薬局は、設立以来、医師との信頼関係、患者様に親しまれるサービスを大切にする姿勢を貫いてきました。
薬学教育6年制を修了した若い薬剤師が臨床現場で活躍する現在、この姿勢は輝きを失うどころか、ますます強く求められております。薬学知識を深め、医療人としての高い教養と強い倫理観、臨床現場で通用する実践力など、薬剤師としての力量と資質を磨いてこそ、この姿勢を貫くことができるからです。

また、多くの医療従事者との協働が、これからの地域医療には求められています。調剤室に止まるのではなく、積極的に医療従事者との交流を深めていくことが、薬剤師の職能職域の拡大に繋がっていくことでしょう。

阪神調剤薬局では、本社研修センターにクリーンベンチを備え、バイタルサインや模擬薬局の研修を行っております。また、在宅専門薬剤師養成のため「在宅専門薬剤師養成講座」を開講し、さらには、大学病院と提携し、院内の薬剤師のあり方を学ぶレジデント研修も行っており、教育・研修の充実に努めております。
経験豊富な先輩たちとともに職業人として成長していただけるステージが阪神調剤薬局にはあると自負しております。

株式会社阪神調剤薬局 代表取締役会長 岩崎 壽毅
写真

医薬分業が進んだ現在、医療サービスをもっと充実していかなければ患者様に選ばれ続けることはできません。特に在宅医療では、患者様の生活背景にじかに触れるため、寄り添う気持ちが何より求められます。
やってあげる姿勢ではなく、コミュニケーションスキルを用いながら、耳を傾けてくれたという感謝を呼び起こす姿勢が必要です。
ですから、薬物治療の知識や経験をより幅広く積むだけでなく、人間的に成長していかなければなりません。
薬剤師は、コミュニケーションスキルを身に付けて社会に出てくるようになりましたが、、医療現場は生涯にわたる学びの場でもあります。社会に出たときが第一歩といえます。

阪神調剤薬局は、創業から一貫して、人とのつながりをとても大切にしてきております。つながりを生み、強めてくれるのは、働きやすい職場と学びの機会です。働きやすい職場は薬剤師やスタッフの成長の舞台であり、研修の機会はスキルアップの原動力です。最近では、近隣の医療機関スタッフと一緒に学ぶセミナーも始めました。

阪神調剤薬局は、社員が創業以来脈々と流れる思いを受け継ぎ、あらゆることに挑戦することで成長を続ける、そんな会社です。

株式会社阪神調剤薬局 代表取締役社長 岩崎 賀世子
写真