株式会社阪神調剤薬局 新卒採用サイト

株式会社阪神調剤薬局 新卒採用サイト

インターンシップ、説明会への参加はこちら

説明会・イベント
ENTRY
中途採用

SITE MAP
HOME
よくある質問


店舗の仕事
本社の仕事
阪神調剤薬局 5つの魅力
挑戦 新しい取り組み
教育研究部からのメッセージ 採用チームからのメッセージ
リアルデータ(環境篇)
リアルデータ(店舗篇)
リアルデータ(キャリア篇)
採用パンフレットWEB版 Vol.1 人とのつながり
採用パンフレットWEB版 Vol.2 多彩な活躍のステージ
勤務者匿名アンケート集 リアルボイス
笑顔で働くためのキーワード 笑顔のヒミツ
スペシャルインタビュー 待つ薬局から動く薬局へ。
社員のホンネ、30選。
社員たちによるアツイ名言集
研修メニュー
キャリアアップ制度
薬剤師募集要項
メディカル・コンシェルジュ(薬局事務)募集要項
CLOSE

笑顔で働くためのキーワード 笑顔のヒミツ

連携
人間関係
自己成長・経験

keyword03 自己成長・経験 上松瑞代 2002年入社 神戸薬科大学卒業 齊藤美里 2009年入社 徳島大学卒業


いろいろな店舗、多くの患者さまと接することで、接遇や薬の知識が向上する

上松齊藤さんは入社してから今までで、仕事や気持ちのうえで変化はありましたか。
齊藤私は人見知りだったのですが、あらゆる年齢層の患者さま、特に高齢者の方といろいろな話ができるようになりました。その方に合った接し方や言葉づかいが身についてきた気がします。
上松頑張っていますね。私が入社した頃は、上司に指導を受けながら、怒られては「どこが悪いかを自分で考えなさい」といつも言われていました(笑)。
齊藤まだまだですよ。先輩方の患者さまへの対応を見て、こういう場合はこうするのかと、いろんなケースがあるたびに感心しながら真似しています。最近になって、自分で服薬管理をすることが難しい患者さまのお宅を訪問し、服薬のお手伝いをするようになりました。実際の患者さまの生活に触れることができるので勉強になります。
上松確かに訪問はどの店舗でもやっているわけではないので、勉強する良い機会ですね。
齊藤やっぱりいろいろな店舗を経験したほうが成長につながるのでしょうか。
上松もちろん。店舗ごとに強い診療科や重点的に出る薬があり、仕事のやり方も異なります。いろいろな店舗を経験することで知識が増えていきますよ。


薬剤師は生涯勉強充実した研修制度で成長できる

齊藤自分が一人前になったと思われたのはいつですか。
上松思ったことはないです。一人前だから何かをやるというわけではなく、やってみてわかることがあるんですね。店長になるときは、私にできるだろうかとかまだ一人前ではないし…と不安でしたが、上司に「なんでもやろうという気持ちが大事だ」と言われ、頑張ってみようと思いました。薬も日々進歩していくものですから、薬剤師は生涯勉強が必要ですね。
齊藤なるほど。実は阪神調剤薬局を選んだのは、この会社なら充実した研修制度のもとで資格を活かし、薬剤師としてさらに成長していけると思ったからです。それに、地元関西に店舗が多く、地域に密着して貢献できると思いました。
上松意識が高いですね。
齊藤実際に新人研修では、接遇や保険制度から、研修センターの模擬薬局を使って調剤の方法や分包機の使い方などを一から学び身につけることができ、店舗に出たときにとても役立ちました。
上松私も講師を務めていますが、新卒はもちろん、中途採用者の研修も充実していますね。ほかにも店舗ごとに勉強会などが開かれたり、活発で意識の高い人が多い。会社自体がすごく勉強熱心ですから自分も頑張ろうと思えるんでしょうね。


患者さまの「ありがとう」が喜び薬の専門家としてお役に立ちたい

齊藤患者さまのご要望にお応えして、「ありがとう」と喜んでいただくと薬剤師になって良かったと思います。喘息の吸入を始めたばかりの患者さまと話をしていて、吸入の仕方や時間に問題があることがわかり、一からやり方を確認させていただいたことがありました。そのうえで最適な吸入の時間を考え、結果、症状が改善したと喜んでくださったときは嬉しかったです。その後はプライベートな話までしてくださるようになり、「ここは話しやすくてつい話しちゃうのよ」と言われたときは患者さまに少し近づくことができたかなと感じました。
上松患者さまから感謝していただくと嬉しいですね。灘店は処方せんの受付が比較的少なく、その分一人ひとりの患者さまとじっくり向き合うことができます。話を途中で切り上げることなく患者さまと向き合えるので、重要な情報である他の薬との飲み合わせに気づくことも多いんですよ。灘店だからこそできる患者さまとの関係で、「この店が一番親切」と言ってくださると喜びもひとしおです。
齊藤わかります。親しみをもって患者さまと接し、薬剤師としての知識を発揮することで、患者さまから安心感を持っていただける存在になりたいと思います。


状況を見ながら助け合い、スタッフからも信頼される薬剤師に

上松これまで仕事をしてきて学んだことは、助け合いの大切さです。自分一人だけで店をまわしていてはだめで、まわりを見て、どう動けばいいのか考えなければいけません。ここは円滑にまわっているけれど、他のところが困っているということがありますから。
齊藤まだ余裕が無くて自分のことしかできませんが、早くまわりを見渡せるようになりたいです。
上松私は店長として、従業員一人ひとりの動きを見て、より良く店舗が運営できるように促すことが必要だと思っています。頭ごなしに注意したのでは傷つけるだけ。「そうか、頑張ろう」と思ってもらえるような伝え方を心がけています。
齊藤そんなふうに考えていらっしゃるんですね。先輩方は、患者さまの対応にしても店舗内の環境づくりにしても常により良いものを追求していらっしゃいます。私も先輩方のように、患者さまはもちろんのこと、まわりのスタッフから信頼される薬剤師になりたいです。
上松一緒に頑張りましょうね。齊藤さんのような前向きな若手が育ってくれるのが嬉しいですね。灘店では、6年制薬学教育で実施される病院・薬局実務実習の大学生を受け入れています。私はその指導薬剤師として、未来の薬剤師の育成に貢献できるのではないかと楽しみです。


私のオフタイム